福岡の医療レーザーによる永久脱毛の特徴

医療レーザーによる永久脱毛では、福岡の各クリニックでもレーザーが黒い色に吸収される性質を利用して、熱を発生させ毛根を破壊します。レーザー照射当日から1週間後までに、毛は自然に抜け落ちていきます。
毛の周期は、毛が成長する「成長期」、成長を終えた毛が抜けるまでの「退行期」、次に成長を始めるまでの「休止期」のサイクルになりますが、成長期の毛にレーザーを照射して脱毛を促すのが一番効率的です。毛周期に合わせて、6~8週間おきにレーザーを照射し、5~10回程度で、ほとんど毛がなくなる状態になります。

ただし、福岡などの地域関係なく、レーザーの性質上、白髪や色素の薄い毛、産毛などは脱毛できません。また、日焼けした肌はヤケドする恐れがありますので、福岡で永久脱毛をする事を希望する場合は事前によく相談するとよいでしょう。